投資を始めるならみんなで大家さん|利用した人の感想も紹介

札束
  1. ホーム
  2. 企業どうしの不動産

企業どうしの不動産

スーツの人達

一般的に用いられる企業買収とは、対象の企業が行なっている事業を取得することが主目的となっています。不動産業界における企業買収は、その流れを汲んでいます。あくまで目的は不動産の取得ですが、対象企業が所有している不動産を取得することにスポットが当てられているのです。企業買収により、売主と買主双方にメリットが生まれます。売主のメリットとしては、法人税の軽減に繋がるという点が最も大きなものとされています。同一事業年度で譲渡した場合において、法人税の減税が適用されます。一方で、不動産譲渡による利益が損失を上回った場合には法人税の更なる負担へと繋がります。

企業買収を行なうことで買主側が得られるメリットとしては、税金がかからないという点です。企業買収による不動産取得は、株式取得と同様の位置づけとなります。通常、不動産の取得時には登録免許税や不動産取得税といった各種税金が発生するのですが、それがかからないようになっている点が特徴です。また、不動産における企業買収は、買主側が親会社、売主側が子会社という扱いになります。また、こういった不動産売却を積極的に行なっているのが不動産仲介業者です。買い手側の仲介業者はこの制度によってエリアの拡張を行なえるという利点があります。一方、物件譲渡側としては更なる大手仲介業者の手により雇用が安定するという利点があります。このように、不動産においても企業買収の考えが浸透し、損失を吸収し利益へと転換される動きが目立ってきているのです。